おすすめ加圧スパッツ�F【Vアップシェイプリフト】

骨盤が異なりてしまうのは、腸骨という骨が関わってくる。
こういう腸骨を規則正しい位置へと駆け回りながら正して出向く事によって、下半身の形も、ウエストのたるみにも効果が期待できるのです。

また、O脚になってしまうのを防いでくれる為、ふさわしい歩き方をサポートして貰える。
O脚の原因は、太ももの横における筋肉が衰えている証拠だ。ですので、Vアップシェイプリフトでは、横からも太ももに圧が加わるように縫製されています。

・ヒップアップ・
お尻の裏側には大殿筋という筋肉があるのですが、その筋肉をホールドできるように、ヒップの下からV字のラインのようにベルトを巡らせている。
これによってキュッと上へとヒップを上げて、下っ腹もスッキリと見せて貰える。

・太ももの内側のシェイプアップ・
太ももで気になる内側のたるみについては、ハムストリングスという筋肉が影響している。日本人の太ももが分厚く陥る原因には、こういうハムストリングスが、普段の生活で使われていない事が1つとして挙げられます。
「太ももの内側がぶよぶよですなぁ…」と感じている方は、断然こういうハムストリングスを鍛え上げるのがおススメです。

そこで、こちらの商品では、こういう筋肉へと働きかけていけるようにパワーネットを太もも裏側に施している。こういう製法によって、筋肉をヒップの方へと褒めちぎるような作用をもたらすので、あるくたびに刺激を受ける事になります。

ますますVアップシェイプリフトでは、ハムストリングスへの圧と共に、内側にもパワーネットを施して、スッキリとしたラインへと導いていけるよう、こだわっている。

・サテンパワーネット・
Vアップシェイプリフトでは、肌触りについてもこだわりがあります。
生地には、サテンパワーネットを採用。良い光沢が特徴で、肌触りもさらりとしている。

また、加圧スパッツでは多い、着脱のしにくさという部分にも配慮を通じて、すっと足が通りやすいよう開発されている。
履き心地がやけに望ましい、加圧スパッツだ。

●筋電図で照明された効果●
このように、様々な特徴をご紹介しましたが、本当に効果があるという事を、ロジカルに証明されている商品だという事をご存知ですか?
実はこういうVアップシェイプリフトは、筋電図として、本当に筋肉に影響を与えて要るという事が、ロジカルに証明されていらっしゃる加圧スパッツなのです。

実験内容は、Vアップシェイプリフトを着用している時と、着用していない時での、RMS値を計測したものです。すると現れた結果が以下になります。

・Aさんの場合・
着用時・・・大殿筋のRMS値:約0.08、ハムストリングスのRMS値:約0.08
未着用時・・・大殿筋のRMS値:約0.025、ハムストリングスのRMS値:約0.02

・Bさんの場合・
着用時・・・大殿筋のRMS値:約0.58、ハムストリングスのRMS値:約0.23
未着用時・・・大殿筋のRMS値:約0.1、ハムストリングスのRMS値:約0.08

ともダブル以上の効果だ。しかも計測したその時間は10秒だ。これを昼履き続けていれば、筋肉に働きかけている時間が長く罹る為、シェイプアップに効果が期待できるという事が、お解り受け取れるかと思います。http://www.mitravanbergen.nl/