興信所と探偵の違いは?

浮気調査を依頼したいけど、「探偵事務所」と「興信所」があって、「違いは何か?」「調査内容によって得意分野があるのか?」などと、迷う人もいると思います。
テレビドラマを観ていても、「探偵」「興信所」のとも訊くことがあって、同じ意味で使われている気がするけど、その違いが必ずや分かる人も低いでしょう。
また、浮気調査以外にも、結婚信用調査や素行調査などを依頼したい場合に、探偵と興信所で、どちらかに頼んだ方が良いということがあるのでしょうか?

昔は、探偵と興信所には、はっきりとした違いがありました。
一旦、興信所についてですが、日本ではじめて設立されたのは1892年に関しまして、日本銀行と大手の銀行グループが共同出資で「商業興信所」として設立されました。
その目的は、企業の信用調査や社外調査といった“法人”に関する調査でした。
それが、興信所の始まりだと言われています。

一方、探偵事務所の歴史は、1895年に元警視庁警察官の「岩井三郎」が探偵事務所の基盤となる「岩井三郎事務所」を設立したと伝えられてある。
岩井三郎は、刑事の経験から、調査の対象となる人物を、周囲に気づけれないように、尾行や張り込みなどの調査を進めました。
彼の行っていた地道な調査からも、探偵が浮気調査などの他人に知られては弱る調査を行うというイメージが付いたのでしょう。

しかし、現在では、興信所と探偵の違いは明確ではなく、同じ業務を行っています。
それは、法人に対する調査が専門だった興信所も、個人からの依頼も引き受けるようになっていますし、その際に、尾行や張り込みなどの調査をして、その調査結果を依頼者に報告するには、“探偵業者”として届出をする必要があるからです。
また、「探偵事務所」とされる会社でも、企業調査を行っているところもあります。
このように、今では、興信所も探偵事務所も広い業務を通じてあり、料金体制の違いもほとんどありません。http://www.namastebeurs.nl/